ケガ・傷害の慰謝料

ケガもし交通事故でケガや傷害を負ってしまったならば、慰謝料を請求することができます。たとえばケガをした結果として後遺症が残ってしまうことがあります。この場合は後遺症慰謝料というものを請求できます。後遺症慰謝料には3つの支払基準が用意されています。裁判所の基準が最も高額となっています。また、後遺症慰謝料はその他の慰謝料と比較しても高額になりやすいです。そのため、後遺症のある方は弁護士に相談をした方が良いでしょう。そうすれば裁判所基準による慰謝料請求ができるからです。

後遺症には等級が設定されています。まず等級認定を受けて、その基準をもとにして慰謝料が支払われることになっています。等級認定についてはきちんと準備をしておかないといけません。この点についても弁護士に相談をするメリットは大きいです。

また、病院に通院したり入院することになったとしても慰謝料は発生します。こちらも3つの基準が存在しており、高額な慰謝料を得たいならば弁護士に相談をするべきでしょう。

基本的にはケガや傷害に関する慰謝料は入通院慰謝料と後遺症慰謝料の2種類が存在しています。それぞれについて慰謝料が別々に発生するのです。そのため、しっかりと請求しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket