死亡時の慰謝料

死亡もし被害者が死亡してしまったら慰謝料はどうなるのでしょうか。慰謝料というのはその事故による精神的なショックに対して支払われるものです。死亡事故であったとしても、死の瞬間には被害者は大きな精神的ショックを受けたと考えられます。それではその慰謝料は誰が請求するかといえば、被害者の相続人です。相続人が代わりに慰謝料請求をする権利を与えられるのです。遺族についても精神的な損害を受けているという考え方があるため、慰謝料請求を遺族がするという解釈で示談が行われます。

したがって、死亡事故における慰謝料というのは本人だけではなくて遺族も含めて慰謝料を請求すると考えられるでしょう。たとえば自賠責保険では死亡事故における慰謝料の支払基準が定められています。これによると本人の慰謝料が350万円であり、遺族慰謝料請求権者の人数によって1名だと550万円、2名だと650万円、それより多いと750万円支払われるという基準があります

ただし、弁護士基準の場合はもっと高額になります。本人が一家の支柱であれば2800万円、母親や配偶者の場合は2500万円、その他の場合でも2千万円から2500万円となっています。高額な慰謝料を請求したいならば、弁護士にきちんと依頼するべきでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket