物損では請求できない

交通事故では必ず慰謝料が発生すると考えている方がいるかもしれません。しかし、交通事故にもいろいろな種類があります。その1つとして物損事故は、物的損害のみが発生した場合の事故のことです。こちらについては、もし人が傷つくような損害がまったく生じていない場合に当てはまります。この場合は、基本的に慰謝料が発生しないため注意しましょう。

物損事故基本的に慰謝料というのは精神的な苦痛に対して発生するものです。自分の大切なものが壊された場合にも精神的なショックがあると考える方がいるかもしれませんが、交通事故の慰謝料についてはそのような考え方はされません。物損事故では慰謝料請求ができないことを覚えておきましょう。

慰謝料を請求できるのは人に被害が及んだときの人身事故の場合です。そのため、交通事故にあったときに、まったくケガをしていないと考えて物損事故として扱おうとするケースがあるのですが、それは避けるべきでしょう。そのときには問題がなくても、後でむち打ちになってしまうケースがあるのです。そのため、どんなに軽いけがであっても、強い衝撃を受けたのであれば人身事故として届け出をしておくべきでしょう。そうすれば慰謝料を請求できる可能性が残ります。

死亡時の慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket