死亡時の慰謝料

死亡もし被害者が死亡してしまったら慰謝料はどうなるのでしょうか。慰謝料というのはその事故による精神的なショックに対して支払われるものです。死亡事故であったとしても、死の瞬間には被害者は大きな精神的ショックを受けたと考えられます。それではその慰謝料は誰が請求するかといえば、被害者の相続人です。相続人が代わりに慰謝料請求をする権利を与えられるのです。遺族についても精神的な損害を受けているという考え方があるため、慰謝料請求を遺族がするという解釈で示談が行われます。

したがって、死亡事故における慰謝料というのは本人だけではなくて遺族も含めて慰謝料を請求すると考えられるでしょう。たとえば自賠責保険では死亡事故における慰謝料の支払基準が定められています。これによると本人の慰謝料が350万円であり、遺族慰謝料請求権者の人数によって1名だと550万円、2名だと650万円、それより多いと750万円支払われるという基準があります。

ただし、弁護士基準の場合はもっと高額になります。本人が一家の支柱であれば2800万円、母親や配偶者の場合は2500万円、その他の場合でも2千万円から2500万円となっています。高額な慰謝料を請求したいならば、弁護士にきちんと依頼するべきでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

物損では請求できない

交通事故では必ず慰謝料が発生すると考えている方がいるかもしれません。しかし、交通事故にもいろいろな種類があります。その1つとして物損事故は、物的損害のみが発生した場合の事故のことです。こちらについては、もし人が傷つくような損害がまったく生じていない場合に当てはまります。この場合は、基本的に慰謝料が発生しないため注意しましょう。

物損事故基本的に慰謝料というのは精神的な苦痛に対して発生するものです。自分の大切なものが壊された場合にも精神的なショックがあると考える方がいるかもしれませんが、交通事故の慰謝料についてはそのような考え方はされません。物損事故では慰謝料請求ができないことを覚えておきましょう。

慰謝料を請求できるのは人に被害が及んだときの人身事故の場合です。そのため、交通事故にあったときに、まったくケガをしていないと考えて物損事故として扱おうとするケースがあるのですが、それは避けるべきでしょう。そのときには問題がなくても、後でむち打ちになってしまうケースがあるのです。そのため、どんなに軽いけがであっても、強い衝撃を受けたのであれば人身事故として届け出をしておくべきでしょう。そうすれば慰謝料を請求できる可能性が残ります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ケガ・傷害の慰謝料

ケガもし交通事故でケガや傷害を負ってしまったならば、慰謝料を請求することができます。たとえばケガをした結果として後遺症が残ってしまうことがあります。この場合は後遺症慰謝料というものを請求できます。後遺症慰謝料には3つの支払基準が用意されています。裁判所の基準が最も高額となっています。また、後遺症慰謝料はその他の慰謝料と比較しても高額になりやすいです。そのため、後遺症のある方は弁護士に相談をした方が良いでしょう。そうすれば裁判所基準による慰謝料請求ができるからです。

後遺症には等級が設定されています。まず等級認定を受けて、その基準をもとにして慰謝料が支払われることになっています。等級認定についてはきちんと準備をしておかないといけません。この点についても弁護士に相談をするメリットは大きいです。

また、病院に通院したり入院することになったとしても慰謝料は発生します。こちらも3つの基準が存在しており、高額な慰謝料を得たいならば弁護士に相談をするべきでしょう。

基本的にはケガや傷害に関する慰謝料は入通院慰謝料と後遺症慰謝料の2種類が存在しています。それぞれについて慰謝料が別々に発生するのです。そのため、しっかりと請求しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故と慰謝料

交通事故の被害にあってしまうと精神的に大きなショックを受けてしまうでしょう。実際にそれでPTSDになってしまうような方もいるのです。このような精神的な問題だけではなくて、身体的にもさまざまな問題が生じてしまうことがあります。ケガや傷害を負ってしまうのです。また、運良く無傷で済んだようにみえたとしても、後から後遺症が発生してしまうケースもあります。このように交通事故の被害の問題というのはとても複雑で難しいものなのです。あらゆる被害が発生してしまう危険性があります。

交通事故このような交通事故の被害に対しては被害者は加害者に対して慰謝料を請求することができます。その権利がきちんと法的に認められているのです。もちろん慰謝料をもらえばすべて解決するというわけではありません。慰謝料をもらったからといっても、精神的なショックが和らいだり、後遺症が治るというわけではないからです。しかし、慰謝料はできるだけ多くもらえた方が良いでしょう。その方が被害者としてもある程度は納得できるようになります。

それでは交通事故では具体的にどのようなことに対する慰謝料を請求できるのでしょうか。慰謝料というのは幅広い範囲まで含まれているのです。交通事故においての慰謝料についてこちらで説明しましょう。どのようなことについて慰謝料を請求可能なのか、これから交通事故にあってしまったときのためにも参考にしてください。分かりやすい説明を心がけましょう。きっと役に立つでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket